So-net無料ブログ作成
検索選択

不動産流通推進センターの講習 [雑記]

私の知人の知人が不動産業界に勤めており、不動産流通推進センターの講習と言うものを

受講したとの事である。話を聞く限り、不動産取引主任士の資格試験の講習とのこと。

勿論その講習を受ける前の2ヶ月間に、向こうから送られてきた教材で

勉強する必要がある。

一応インターネットのマイページがあるらしいが、このページを通じて本格的な勉強に興じる

事は出来ないらしいとの事。

ここまでなら、良くある講座の類であろうと推測される方が居られると思う。

しかし、本当はそうではないのである。

何とその講習で行われるテストを突破できれば、本当の取引主任士の資格試験にて

5問ほど合否の判定を免除してくれるとの事である。

確かにそのセンターに加盟している企業の従業員にとっては嬉しい限りで有ろう。

勿論この制度に何らかのメリットがあることも理解できる。

その反面ではあるが、何も知らない一般人やユーキャンなどの講座を受けて試験に

臨んでいる人に取っては一種の「差別」的な扱いを受けていると

感じる人が少なからずいらっしゃるで有ろう。

何故私達は時間を割いて努力してこの試験に臨んでいるのに、彼らはそのついでに免除

を受けなければならないのかと・・。

このような制度を設けているセンターには、一種の説明責任があると私は思う。

もしセンターが何らかの見解を発せられるのなら、普通の人が納得できる

よう説明して頂きたい。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

噂話ではあるが・・ [ディズニー関連]


image-20160727104908.png

噂話ではあるが、今後東京ディズニーリゾートは2020年に向けて新たな入場券システム

を設けるような話があるらしい。

あくまで「らしい」としたのは、ちゃんとした証拠となる資料がないからである。

もしそのシステムについて考えた場合、東京ディズニーリゾートが京成電鉄グループの

一員である事を考えなければならない。

その理由としては、京成電鉄がJR東日本のSuicaをベースとしたPASMOを導入している事に他ならない。

もしかすると、東京ディズニーリゾートのテーマパークにて交通系電子マネーによる

買物やパークの入退場が出来る可能性も不思議ではない。

現に大宮のてっぱくこと鉄道博物館では、その取り組みが行われいるのは

周知の事実です。



しかし、関西圏で発行されているPiTaPaはそうは行かない。

そもそもPiTaPaはポストペイ方式の電子マネーである為、このようなプリペイド方式の入退場システム

には対応していないのである。

またはっきりとした事実が上がれば、ここでお伝えしたいと思う。

高品質で低価格が一番? [雑記]

私の知り合いが最近大口の所に椅子テーブルなどの家具

オーダーメイドで製造している会社さんが横浜の方にと言っていた。

勿論話を聞く限り、国産素材を扱っている為

如何してもお値段が張るとの事らしい。

私としては、それが原因とは思えない気がする。

現に鉄道模型メーカーの関水金属ことKATOは、国内で高品質な製品を製造しつつも

OKストアやダイシン百貨店同様低価格で販売している。

それでは何が原因なのだろうか⁇

おそらくその家具の製品を製造する何処かの時点で、契約した工場に

外注をしているのだろう。

それが低価格化への枷となっている事は否めない。

是非この家具メーカーさんには、関水金属の事例を

上手に手本として欲しいと思う。

出来る範囲でいいので、外注から自社製造に転換を

図ってほしいものと感じた。

TOMIX485系300番台を購入 [Nゲージ(鉄道模型)]

 今週ではありますが、とある中古ショップにて485系300番台を購入しました。

PC250001.jpg

先頭車両クハのトレインマークについては、当初取り付けられていた「ひばり」から北陸本線である

「雷鳥」へと変更しました。先頭車両の横から見た感じはこのようになっています。

PC250002.jpg

以前購入した485系と違い、ボンネットの形から拳骨のような格好へとモデルチェンジしました。

PC250003.jpg

屋根に搭載されているクーラーもいつの間にやらキノコ型のクーラーにモデルチェンジしたようです。

PC250004.jpg

因みに金沢方面のクハに関しては、2000年代以降の「雷鳥」を再現するため

あえてグリーン車と言うことに致しました。

PC250005.jpg
また以前購入したサロ(グリーン車)である「だんらん」をこの編成に組み込もうかとは

考えています。しかしながら、本当にジオラマで運転する際に連結するかどうかは不明です。


鉄道模型 ブログランキングへ

ウォルトディズニーワールドでも・ [ニュース]



AFPのニュースのよれば、WDWのディズニーハリウッドスタジオでも映画スターウォーズ


が今まで以上に展開されるようです。

何と「スターウォーズ・ローンチ・ベイ」が新たなエリアとして、このテーマパーク内にて

オープンするようです。


TOMIX製E233系3000番台(増備型)購入 [Nゲージ(鉄道模型)]

先週末ではありますが、TOMIX製E233系3000番台の増備型を導入しました。






今回は基本10両編成(通称10両編成)を導入する為、末広町(秋葉原)のTamTamにて基本セットと増備セット二つを購入しました。

パッケージはこのような感じになっております。

PB230001.jpg

パッケージに関しては、ごくごく普通のTOMIXパッケージとなっております。

PB230003.jpg

中身は基本10両編成がすっぽり入るような形となっております。しかしながら、ダブルデッカーのグ

リーン車がちゃんと収納できるようにする為に素材の一部をカッター切り取りました。

E233系3000番台(増備型)の先頭車はこのような感じです。
PB230006.jpg

特に他のE233系との造詣とは変わりません。勿論何となく?流線型の姿をしていて、かっこいいと私

は思います。
PB230008.jpg
また前世代のE231系と違い、車両のドア周りのテープ(塗装)等が異なっています。

勿論ダブルデッカーのグリーン車に関しても、E231系のものと細かいところ

が違います。

そして今現在は先頭車の行き先表示を普通「東海道線」としています。

何らかの機会があれば、この表示も取り替えていいかもと考えている途中です。


鉄道模型 ブログランキングへ

世界の建築物が三色旗の色に [ニュース]



 AFPのニュースによれば、フランスのパリでのテロ事件を受けて

世界の建築物が、フランスの国旗である三色旗の色にライトアップされているようです。

勿論東京東京タワーはさることながら、シドニーのオペラハウスロンドンタワーブリッジ

三色旗の色になっているようです。

ワンスシーズン3にて・・ [ディズニー関連]

 久々の投稿です。


最近やっとNHKにて米ABCにて製作された「ワンス・アポン・ア・タイム」シーズン3が

公開されました。
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1 コンパクト BOX [DVD]

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1 コンパクト BOX [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: DVD




 何と今後放映されるであろう第21話が、とある映画のパロディーとなっています。


何とあの有名な「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のパロディーとなってます。

内容としては、主人公であるエマと彼女の恋人?であるキリアン船長(フック船長)が

ひょんな事から過去の魔法の森にタイムスリップし、マーティーの様に活躍?する

と内容になっています。

勿論マーティー同様パーティー(舞踏会)にエマとキリアンが参加することになりますが、その際

エマは自分の事を「レイア姫」と名乗るようです。

早く放映されるのが楽しみです。


ディズニーリゾートランキングへ

TOMIX トワイライトエクスプレス車両揃う [Nゲージ(鉄道模型)]

 これまでバラ売りという形ではありますが、TOMIX製のさよならトワイライトエクスプレスを購入

してきました。今週何とか全ての客車をそろえる事ができました。

今回は一部の気になる車両のみを紹介しようかと思います。

まずはスロネフ25-503です。

PA130001.jpg

見るからの通りですが、前方が展望室型をしたA寝台室となっております。

因みに第三編成のこの車両は、通路の窓の数が減らされています。PA130002.jpg

勿論その隣の車両であるスロネ25-503についても、窓の数が減らされています。

PA130003.jpg

今回は第三編成の食堂車であるスシ24-3も購入しました。PA130006.jpg

スシ24-3の外見では、特に第一・第二編成の食堂車と変わりはありません。

PA130007.jpg

しかし、屋根の上に搭載されているクーラーの形が違いがあります。

そして最後に食堂車の右隣に連結されているオハ25-553です。

PA130005.jpg

外見については、特に第一・第二編成に存在するラウンジーカーとは代わりがありません。

しかし車内のソファーの位置が異なっています。


今年中には、この編成が全て収まる収納ケースを購入する予定です。


鉄道模型 ブログランキングへ


VW排ガス不正問題が、米国で映画化 [ニュース]



 AFPのニュースによると、今年発覚したフォルクスワーゲンの排ガス規制逃れ問題を

映画化する動きが動いているとの事です。

因みにその映画のプロデューサーを、あのレオナルド・デカプリオ氏が務める見通しだと

分かったようです。

確かにこの方は環境活動家でもあり、映画製作会社も所有しておられますから

私は適任だと思います。